遺贈(遺言信託)による寄付について

「遺贈による寄付」制度は、卒業生・教職員・一般篤志家等の御方が所有されている資産の一部または全部を、「遺贈による寄付」として受け入れ、本学園の教育活動の充実・発展をご支援いただくための制度として発足させた制度です。

 本制度についてご関心のある方は、ぜひ法人事務室までお気軽にご連絡ください。本学園が提携している銀行をご紹介させていただきます。(提携銀行では、遺贈を含む遺言書の作成に関するご相談、遺言書文案作成 のための協力、遺言書の保管・管理および遺言 の執行までを一貫して引き受けていただきます。)
本制度をご理解・ご活用賜り、学校法人滝学園の更なる発展・隆盛のため、ご支援賜りますようお願い申し上げます。

※詳細はこちらのチラシ(PDFファイル)をご参照ください。