ここに集う友情、同窓生の幸せのために

令和3年度同窓会総会・懇親会準備委員長
杉岡 立也(平成3年・普通科卒業)

 私ども平成3年卒の同窓会幹事団は、昨年の総会中止を受け、戸惑いながらも鋭意準備を進めておりました。準備委員として、コロナ禍という逆風の中難しい舵取りを任されましたが、今年度はオンライン開催となりますことにご理解頂きたく思っております。開催にあたり、至らぬ点などあるかと思いますが、十分な幹事活動ができているとは言えない状況をご賢察の上、ご容赦頂けますと幸甚です。
 さて、現在の状況を振返りますと、依然として新型コロナウイルスが猛威を振るい、日常が失われつつある中、“ニューノーマル”という言葉が生まれました。この言葉は直訳すると「新しい常態」つまり、大きな社会変化に伴い、変化が起こる以前とは同じ姿に戻ることができず、新たな常識が定着することを意味します。実際、私たちの生活の中で、自粛要請や在宅勤務を経験するなど、“ニューノーマル”を実感されている方は多いのではないでしょうか。今後同窓会開催に際して、こういった考え方への柔軟な転換が必要となってくるのではないかと考えます。
 平成3年卒会のスローガンは『ここに集う友情、同窓生の幸せのために』を掲げています。同窓会第2部では、様々な方面でご活躍の同窓生の方にスピーチをお願いし、滝学園卒業生の‘幸せ’とは何かといった意見を頂こうと考えております。コロナ禍の中、‘幸せ’ について考える機会も少なくないと思います。この企画が同窓生の背中を押す機会になれば嬉しく思います。第3部では、昨年の関東同窓会で好評でしたオンラインツールを用い、旧友と交流して頂く貴重な機会を設けております。
 今般の同窓会総会および懇親会開催により、滝学園同窓会の会員の皆様方の親睦向上を図り、滝学園の発展に少しでも貢献させて頂けることを願っております。