青春回帰 ~ふたたび笑顔で~ 同窓会総会・懇親会レポート(2018/9/2開催済)

■青春回帰 ~ふたたび笑顔で~

平成30年度同窓会総会・懇親会準備委員長
鵜飼 雅弘(昭和63年・普通科卒)

 まずはじめに大変お忙しい中、平成30年度滝学園同窓会総会懇親会に参加していただきました全ての皆様に感謝申し上げます。とても有意義で楽しい時間を過ごすことができました。誠にありがとうございました。また朱宮会長、大西委員長はじめ本同窓会に多大な尽力を賜りました諸先輩方も、誠にありがとうございました。恩師の先生方におかれましては二次会までお付き合い頂きありがとうございました。そして多くの先輩方、後輩と知り合うことができたこの同窓会に御礼申し上げます。

 2016年の夏に後の役員となる5名が集まり、その年の12月、恩師の先生方を含め100名を超える同窓会兼決起会を行いました。卒業後28年目での初めての同窓会でしたが、ここまで多くの方々に参加していただきましたのも歴史と伝統のある滝学園だからこそであると実感いたしました。

 昭和63年卒の我々準備委員会はスローガン「青春回帰 ~ふたたび笑顔で~」を掲げ、何年経っても笑顔で再会したいという同窓会本来の目的を前面に打ち出しました。先輩方が運営されてきた素晴らしい同窓会にプレッシャーを感じながら準備、設営に携わることができたことを誇りに思います。そして手作り感を出すため、アトラクションすべてにおいて昭和63年卒の同級生が参加できるよう心掛けました。

 同窓会当日はあっという間に時間が過ぎてしまいましたが、終わった後は満足感と達成感でいっぱいでした。ここまでの二年間、一緒に苦労と喜びを共にしてきた同級生の皆様には感謝の言葉しかございません。改めて同級生の絆を実感しております。そして同窓会後も各所で集まってるなどという話を聞きますと、とても微笑ましく思います。
昭和最後の卒業生が平成最後の同窓会をうまく纏めることができたのではないかと自負しております。

 最後に、携わって頂きました全ての皆様に心より感謝申し上げます。誠にありがとうございました。