滝での出逢い・友情、時代を越えて~めぐり逢う長月の縁~ 同窓会総会・懇親会レポート(2019/9/1開催)

■滝での出逢い・友情、時代を越えて~めぐり逢う長月の縁~

令和元年度同窓会総会・懇親会準備委員長
安井 浩一(平成元年・普通科卒)

 令和元年9月1日(日)に開催されました滝学園同窓会総会懇親会におきましては、大変お忙しい中多くの方々に出席いただきまして、誠にありがとうございました。心よりお礼申し上げます。また朱宮名誉会長、大西会長はじめ、本同窓会に多大な尽力を賜りました諸先輩方の暖かい御指導により、無事に終えることができました。感謝申し上げます。恩師の先生方におかれましては、二次会までお付き合いいただきありがとうございました。そして同級生だけでなく、多くの先輩方、後輩と何十年ぶり会い旧交を深めあうことができ、とても有意義で楽しい時間を過ごすことができました。これまで出席したことがない方は次回は是非参加してください。滝学園の同窓会でなければ出会うことのない方々もたくさんお見えになると思いますよ。
 平成元年卒の我々準備委員会は、スローガン「滝での出逢い・友情、時代を越えて~めぐり逢う長月の縁~」を掲げました。先輩方が運営されてきた素晴らしい同窓会にプレッシャーを感じながら、準備・設営に携わることができたことを誇りに思います。オープニングでは平成元年卒と現役滝高校生の親子共演、アトラクションでは私たち平成元年卒が出席者へ感謝を伝えるために、練習を重ねた昭和歌謡ヒットメドレー。そして、最後のアンコールでは、中島校長、大西会長をはじめ多くの出席者が登壇していただき、会場全体で盛り上がり、楽しんでいただけたと思います。
 同窓会当日はあっという間に時間が過ぎてしまいましたが、終わった後は満足感と達成感でいっぱいでした。同窓会が終わった今でも、準備委員会メンバーとは連絡を取り合い、会っています。準備委員会を立ち上げてからの二年間、商業科・普通科分け隔てなく一緒に苦労と喜びを共にしてきた同級生の皆様には感謝の言葉しかございません。
改めて同級生の絆を実感しております。
そして同窓会後も各所で集まってるなどという話を聞きますと、とても微笑ましく思います。
 昭和元年に滝が創立し、平成元年卒業生が令和元年の同窓会をうまく纏めることができたのではないかと自負しております。
 皆さんとまた会えるのを楽しみにしつつ、これからも滝学園同窓会が更なる発展を遂げますように祈念しております。