【東京支部】東京同窓会レポート(2020/12/12オンライン開催済)

 令和2年12月12日(土)、オンラインにて、第74回滝学園東京同窓会が開催されました。

 当初6月に学士会館で開催予定でしたが、コロナ禍のため開催が突如できなくなり延期という選択をしました。しかし、事態は好転せず、それでも通常の開催が困難な状況であったため、全員がインターネット回線を通じて参加する異例のオンライン同窓会となりました。
 どのくらいの方が参加して頂けるか不安でしたが、オンラインで80人もの申込をいただきました。オンライン開催は出たり入ったりが自由なため、正確な出席者数は不明ですが、確認した限り少なくとも55人以上の出席がありました。オンラインでの開催に対応するため、当日は幹事団による電話サポートを9回線用意して、参加者への操作案内等の対応を行いました。
 母校からは、中島政彦校長、戸田誠副校長、高橋秀希先生がビデオメッセージで参加され、東京同窓会の招待恩師として長谷川真澄先生、石田雄治先生、そして同窓会本部より大西正一会長に来賓としてオンラインで参加いただきました。
 昭和36年卒の大先輩から令和2年卒の大学1年生までと幅広い世代の方が、東京のみならず、日本各地から、さらには海外からもご参加いただきました。
 卒業30年目の節目を迎える今年の幹事学年は、オンライン開催を受け入れて頂いた先輩方の温かい支援と、1学年下の幹事団や母校の協力を得て、今回の同窓会を開催させて頂いたことに感謝しています。
今年度はZOOMとSpatial Chatを利用した2部形式で行いました。

 前半1時間は、ZOOMにて、幹事学年による司会・進行による開会の辞に始まり、菱川邦英東京同窓会会長の挨拶、大西正一会長より滝学園同窓会挨拶、ビデオメッセージによる中島政彦校長より滝学園代表挨拶、戸田誠副校長より滝学園近況報告、高橋秀希先生より新1年生へのメッセージがありました。
 そして、招待恩師の長谷川真澄先生、石田雄治先生から参加者へメッセージを頂きました。長谷川真澄先生のサポートを佐宗美智代さんが、石田雄治先生のサポートを古田大介さんが行いました。
 続いて平成2年卒の松岡康子さんによる講演がありました。パワーポイントを画面共有しながらAEDについてとても分かりやすい解説がされました。
 さらに、恒例の大学1年生の新会員による自己紹介・近況報告、来年度幹事の高井基普さん、杉岡立也さんによる来年度同窓会の開催案内があり、ZOOMの最後に集合写真を撮影しました。

 後半1時間は、Spatial Chatにて、バーチャルの部屋を5つ用意し、各参加者が自由に部屋を行き来して思い思いの人と懇談を行いました。部屋のデザインは全て平成2年卒の田中昭成さんが行いました。
当初16時に終了予定でしたが、参加者の方の懇親がとても盛り上がっていたので10分延長し、幹事学年による中締めを行い、最終的には16時半に終了しました。

 初めて東京同窓会に参加された方も多く、平成卒、令和卒の参加者も増えて、非常に盛会でした。今回の会を機会に出会った方々が、いつかオンラインだけでなくリアルでも再会できるようになることを祈っています。

※レポートの詳細は、東京支部会運営の「滝学園・東京同窓会」ホームページをご覧ください。