滝学園同窓会・会長ご挨拶

滝学園同窓会会長 大西正一 昨年度秋に朱宮新治前会長から会長職を引き継ぎました昭和45年普通科卒の大西正一です。母校がさらに発展していくため、微力ながら精一杯勤めさせて頂く所存ですので、同窓会の皆様におかれましても格段のご理解とご協力を引き続き宜しくお願い申し上げます。
 さて、母校滝学園は、大正15年(1926年)に滝信四郎先生が郷土江南の地に創立され、昭和、平成、令和と経過して、まもなく創立100周年を迎えます。この間に学園は3万人を超える同窓生を世に送り出し、同窓生の皆様は、地元愛知県だけでなく、日本各地で、さらに世界で活躍されています。
 滝学園の施設も、近年、講堂と図書館が、国から重要文化財の指定を受け、歴史的遺産と認められるまで貴重な建物になっています。
 同窓会も、本部だけでなく、東京支部、関西支部、中部支部、ロンドン支部と広がりを見せ、さらに職域や企業単位の組織も誕生しております。
 私達は、滝信四郎先生の「質実剛健」「勤勉力行」「報恩感謝」の教えの下、多感な青春時代を学園で過ごしました。この同じ体験をした同窓生としての人的つながりを人生の様々な局面で活用し合って、人生をさらに実り豊かなものにできますよう、また、100周年を迎えようとしている滝学園がこの特色を活かしてさらに発展し、有意な卒業生を次々と輩出して、社会において「江南に、愛知に、日本に、滝学園あり」との名誉ある地位を築けますよう、物心両面で強力に支援していく所存です。
 同窓生の皆様におかれましては、毎年開催される、本部や各支部の同窓会総会・懇親会の他、同窓会が企画する様々な催しにご支援ご協力を頂き、また多数参加して頂き、同窓の絆を深めて頂きますよう、さらに学園自体にも足を運んで頂き、時計台のある伝統ある学び舎で懐かしいチャイムの音を聞いて、往事の若き青春時代を思い出して、感慨にふけって頂き、ご自身の学園愛を確認して頂くことを強く願っております。
 ただ、今年に入って、新型コロナが猛威を振るい、非常事態宣言の発令とともに、皆様の社会活動も広範に制約を受けてきています。滝学園も新学期から休校を余儀なくされています。同窓会活動も残念ながら、本部や支部ともに予定した企画の中止や延期の検討を余儀なくされてきています。
 しかし、これらの犠牲を無駄にすることなく、この間にこれまで指摘されてきた課題にじっくりと取り組んで、収束後の実りある成果に繋げたいと願っておりますので、ご理解とご協力をお願い申し上げます。

同窓会会長 大西正一

滝学園・学校長ご挨拶

滝学園校長 中島政彦 同窓生の皆様平素より本学園の教育活動にご支援とご理解をいただき心より感謝申し上げます。学園を代表して改めて御礼申し上げます。今年は中高合わせて過去最高の3050名を越える受験生がありました。少子化の中で受験生を確保できるのも同窓生の皆さまの活躍のお陰だと思っております。
 中1の252名、高校の357名の新入生を迎えました。また新しい5名の教職員も迎え学園は新しい息吹で満ちています。今年度は、新型コロナ感染症の蔓延のため、3月当初〜春休みにかけて学校を休校にしてのスタートになりました。4月からは入学式は行うことができましたが、国の緊急事態宣言を受けて5月6日まで休校を続けるという状況です。学校行事もかなりの変更を余儀なくされています。同窓会関係の行事についてもご迷惑をおかけすることもあるかもしれませんがご理解のほどお願い申し上げます。
 また、既にお伝えいたしましたように、文化庁から本館・講堂・図書館の国の登録有形文化財が地域活性化事業に採択され、いよいよ今年から基本設計がスタートいたします。さらにはその後の第一アリーナの建て替え、百周年の記念建築の多機能棟の建設と大きな事業が続いてまいります。これらの建物は次の百年にも耐えうるものにしていきたいと思います。
 また、ソフトの面については、土曜講座・教育研究所・海外研修・語学研修など教育プログラムも充実してきましたが、今後は教育のICT化を進めていきます。既に昨年学内の拡充工事を行い、国の「GIGAスクール」計画に先だって10ギガのネットワークを構築して国の基準をクリアーしています。端末については今年度から中学生全員にタブレットを貸与しました。
 ひとつの学園で本館、講堂、図書館と3つの建物が国の登録有形文化財である学園は日本中を見ても極めて稀有なことです。毎日のように教育に関する新しいニュースが流れています。また、コロナ騒動の後、社会の価値観の大きな変革が起き、教育についても新しい考えや手法がとられるようになるかもしれません。私たちはどのような教育改革が行われようとまた教育環境が変化しようと慌てることなく、この与えられた「人が育つための素晴らしい環境」を生かし滝学園独自の教育を展開していきます。「滝に来たら力がつく」を合言葉にして生徒達に人間力をつけていきたいと思います。
 今後とも同窓生の皆様のご理解とご支援をお願い申し上げるとともに、皆様におかれましては、青春を過ごされ、人生のスタートとなった滝学園を思い出していただけたら幸いに存じます。皆様のこれからの益々のご発展とご健康をお祈り申し上げます。
令和2年4月 記

校長 中島 政彦